伺候席とは

伺候席 – Wikipedia

江戸時代,各地から江戸城に登城した大名が,将軍に拝謁する順番を待った控え席のことである。

拝謁者の家柄を示すものであり,将軍のいる奥に近い席ほど,将軍と親しい間柄であった。

他の大名区分としては,

朝廷の官位を用いる物があった

四品以上に昇進する大名家一覧 – Wikipedia

将軍から近い順に並べる。

1,溜間

幕府の政治に関わる重要な家。

2,雁間

幕府成立後に取り立てられた大名で,城主の格式がある者。

それと,老中や所司代の世継。

毎日登城し,幕府の役職につくことが多かったという。

3,菊間広縁

幕府成立後に取り立てられた大名で,無城の者。

雁間と同様の位置づけ。

4,帝鑑間

登城頻度の低い「表大名」

譜代大名の席。

5,大廊下

将軍家の親族。

御三家など。親族だから,登城頻度が高いのだろう。

ただ,将軍のライバルとなり得る存在だから,将軍から遠い席。

6,柳間

登城頻度の低い「表大名」で,外様の小大名。

官位の低い外様大名の席。

7,大広間

登城頻度の低い「表大名」で,

外様の大大名が多い。

官位の高い親藩もいる。

実際の所,幕府を動かしていたのは将軍家と,溜・雁・菊の大名,そして旗本たちなのだろう。地方の外様大名は,将軍家の統制の下で統治を担わされていたに過ぎない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする