Y染色体ハプログループと言語

Y染色体ハプログループは民族・言語の分布と関係があると言われている。

グループ多い地域関連する言語
Aナミビアコイサン語族
ナイルサハラ語族
B中央アフリカナイルサハラ語族?
D日本
チベット
アンダマン
縄文人
シナチベット語族(チベットビルマ語派)
アンダマン諸語
E北アフリカ※アフリカ全般
アフロアジア語族
ニジェールコンゴ語族
Cヨーロッパ
オセアニア
モンゴル
北東アジア
北アメリカ
クロマニョン人
オセアニア諸語
アルタイ諸語
古アジア諸語
ナデネ語族
Gジョージアコーカサス諸語
H南インドドラヴィダ語族
I北欧インドヨーロッパ語族(北欧・バルカン)
Jアラビアアフロアジア語族(セム語派)
Lパキスタンブルシャスキー語?
Tソマリアアフロアジア語族(クシ語派?)
MSパプアパプア諸語
N北極圏ウラル語族
O中国シナチベット語族(シナ語派)
オーストロアジア語族
オーストロネシア語族
Qアメリカアメリカ先住民諸語
Rヨーロッパ~インドインドヨーロッパ語族(インド・東欧・ケルト・バスク)

分岐物語空想

現代に子孫を残す最初の人類は,アフリカ南東部に居た。Aグループ・サン族はその姿を色濃く残すと言われる。赤道から遠い温暖な地域だったため,肌の色は薄い。サン族は住処を追われ,現在はナミブ砂漠に多く住んでいる。彼らの言葉はコイサン語族。

そこから北上し,赤道直下の中央アフリカで枝分かれしたBグループ・バカ族は,小柄で色黒だ。暑い地域に適応して進化した。彼らはもともとはナイルサハラ語族だったのかもしれない。

さらに北上し,エチオピア高原で分岐したのはDグループとEグループだ。Eグループは西へ向かい,サハラ砂漠の北と南を中心に,アフリカ全土に広がった。北のグループはアフロアジア語族を話すようになり,南のグループはニジェールコンゴ語族を話すようになった。Dグループはアフリカを追われ,アジアへ旅立った。彼らは中央アジアを通り,モンゴル高原まで来たところで南下した。一部は日本にたどり着いて縄文人となった。彼らは最初の東アジア人かもしれない。おそらく中国大陸に居たDグループは,あとからやってきたOグループに飲み込まれた。今なお色濃く残すのは日本やチベットなど,人をあまり寄せ付けない地域に限られている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする