手数料無料外国ETFについて(2022.5.30)

楽天

SBIと同じ銘柄が新登場。

買付手数料無料 海外ETF | 海外ETF | 外国株式・海外ETF | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)

銘柄名経費率[%]分配利回り[%]銘柄名経費率[%]分配利回り[%]
QQQ0.200.60VTI0.031.49
SPYD0.073.56SPY0.091.46
VGT0.100.87RWR0.253.07
EPI0.831.53GLDM0.180.00
AGG0.031.89AIQ0.680.23
IYR0.412.44GNOM0.500.06
VT0.072.16FINX0.689.02
VOO0.031.52

一時期VTとVTIを買っていたがやめた。利回りが低いなら投資信託で十分だと思う。

高利回りを期待してSPYDとFINXを買ってある。

但しFINXは下落が続いており、利回りが高く見えているだけかもしれない。

次回の分配における利回りに注目する必要がある。

SBI

2022年4月より買付手数料無料となる10銘柄

SBI ETFセレクション|SBI証券 (sbisec.co.jp)

値上がり期待・利回り・安定度の☆を参考にすると、6銘柄は他の4銘柄の下位互換とみなせる。

1年経費率[%]配当[%]値上がり期待☆利回り☆安定☆上位互換
VT0.071.99432
SPYD0.073.70352
EPI0.841.25522
AGG0.031.77235
VOO0.031.38422VT
VTI0.031.35422VT
IYR0.412.36342SPYD
VGT0.100.74511EPI
QQQ0.200.50511EPI
GLDM0.100.00204AGG

2022年3月まで買付手数料無料だったが、2022年4月より対象外になったETFブランド。理由は不明。大型株分散投資の人気が下がっているという事か?

SBI証券 (sbisec.co.jp)

DHSウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLNウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRWウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
IVViシェアーズ S&P 500 ETF
SPYSPDR S&P 500 ETF トラスト

私の考え方

確実性の低い「値上がり期待」はあまり信用していない。

損しにくい「(分配金)-(手数料)」の大きいものを好む。

元本を削って分配するファンドは避ける必要があるが、米国の大手ならあまり心配しなくて良いと思う。

分配金を同じファンドに再投資するのが目的なら、自動化してドルコスト平均法を使える投資信託を買えばよく、敢えて海外ETFを買う理由は分配金の利回りの高さに尽きると思っている。

この中で買ってみたいのは、SPYDとAGG。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。