都道府県カラフルマッピング{ 一人あたり自動車台数と自動車事故発生率(件数÷人口)}

一人あたり・世帯当たり自動車台数

自家用車普及台数(都道府県データランキング)

一人当たり自動車台数

赤:0.65台~ 橙:0.6台~ 黄0.55台~ 黄緑0.5台~ 緑0.4~ 水色0.3~ 紫0.3未満

世帯あたり自動車台数

赤1.6~ 橙1.4~ 黄1.2~ 黄緑1.0~ 緑0.8~ 青0.6~ 紫0.4~

世帯当たり自動車台数は相関があります。

一人当たり台数→
世帯当たり台数↓
0.2~0.3~0.4~0.45~
※全国平均
0.5~0.55~0.6~0.65~
1.7~      福井 
1.6~      山形富山
群馬
1.5~      岐阜
福島
新潟
栃木
長野
茨城
山梨
1.4~     佐賀石川
三重
鳥取
 
1.3~     岩手
秋田
静岡
島根
滋賀
岡山
香川
徳島 
1.2~    宮城
愛知
沖縄
熊本
大分
宮崎
山口
青森
和歌山
  
1.1~    高知
愛媛
鹿児島
   
1.0~ ※全国平均   福岡
奈良
広島
長崎
   
0.9~  兵庫
千葉
埼玉
 北海道   
0.8~ 京都      
0.7~ 神奈川      
0.6~ 大阪      
0.4~東京       

事故発生率

参考:都道府県の交通事故発生率番付 – 都道府県・市区町村ランキング【日本・地域番付】

事故リスクの低い所に住みましょう。

赤0.9%~ 橙0.7%~ 黄0.6%~ 緑0.5%~ 青0.4%~ 紫 0.3%~

事故件数÷台数

通常、台数が多ければ、事故は増えるものです。では、台数の割に事故が少ない県はどこでしょうか。

茶:1.3%~ 赤:1%~ 橙0.8%~ 黄:0.7%~

黄緑:0.6%~ 緑:0.5%~ 青:0.4%~ 紫:0.4%未満

やはり都会の方が危険なようですね。

暖色が良い,寒色が悪いとした。

犯罪率

東京・愛知・大阪・福岡を中心に良くない。

紫1.75~ 青1.5~ 緑1.25~ 黄1~ 橙0.75~ 赤0.5~

失業率

大阪や福岡の失業率は高め。中部は強い。

紫10~ 青8 緑7 黄6 橙5 赤4

財政力指数

赤0.9 橙0.6 黄0.5 緑0.4 青0.3 紫0.2

神奈川・静岡・滋賀・広島・群馬はバランスが比較的良いのだろうね。

市の財政力指数

参考:全国 市区町村別 財政力ランキング【アパマンショップ】

四日市1.02 弥富0.99 箕面0.96 池田0.85 桑名0.85 左京0.81 津0.73 伊勢松阪0.62 鳥羽0.45 志摩0.4 足立0.36

足立区の低さに驚愕する。東京23区内は極端に差が出る。都道府県・政令市・一般市・区は権限が大きく異なるため,同列に扱うことはできない。

人口1000人当たり 振り込め詐欺件数 都道府県

あまり地理的共通点を見いだせないグラフだ。

0.3人以上 赤 0.2人以上 橙 0.15人以上 黄
0.1人以上 緑 0.05人以上 青 0.05人未満 紫

各県人口一位の都市人口比率

東京は23区としています。現庁所在地が1位でないのは福島(いわき)群馬(高崎)静岡(浜松)三重(四日市)山口(下関)

1位の都市への集積度が高い県は,県の人口の割に都市が賑やかに見えます。逆もまた然りです。

赤50%以上 橙40%以上 緑30%以上 青20%以上 紫20%未満

60%以上東京23区
50%京都
40%仙台横浜金沢広島高松高知熊本大分
35%札幌新潟富山岡山松山宮崎鹿児島
30%秋田福井名古屋大阪和歌山鳥取松江徳島福岡長崎
25%宇都宮神戸奈良佐賀
20%青森盛岡山形甲府岐阜浜松大津那覇
10%以上いわき高崎さいたま千葉長野四日市下関
10%未満水戸

白地図

お世話になっております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする