最近気になる資格(2021/05/12)→資格ビジネスの現実

資格ビジネスの現実(2021/05/13)

資格が一つあることで、受験料、教材費、合格者講習費、合格者会費といった多くのお金が動く。

何か形ある安心感がほしいと、市民はお金と時間を投じ、お金は最終的に資格を運営している団体に集まる。

もちろん、時間をかけて知識を得ること自体は、大切なことだと思う。しかしそれなら本を読んだり、セミナーを聞いたりすればいいだけのこと。

多くの資格は安心を買うためだけのこと。特定の業務・行為に必要な免許とは似て非なるもの。

宗教の方が似ているかもしれない。

業務に独占がある資格も、具体的な業務は有資格者である必要が無いものが多い。団体に何人か有資格者がいれば、その人達の監督の元、残りの無資格者が業務に取り組めば良いタイプの仕事だ。

中小企業診断士

高校の友人が取得している。

科目別得意・不得意

得意経営理論100% 二次で重要
苦手会計20%二次で重要
管理60%二次で重要
苦手経済学0%
得意情報システム80%
法務60%
得意中小企業80%

2次でも重要な会計は,特に訓練が必要だ。

ファイナンシャルプランナー

教養として優秀。

実技試験は「FP協会」と「きんざい」がある。

FP協会は全範囲で易しめ。きんざいは「保険なし型」と「資産運用・不動産なし型」があって難しめ。

科目別得意・不得意

得意ライフプラン25
苦手保険17
得意資産運用25
苦手19
不動産21
相続23

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする