グレードの高いレースとレース場について(レース場格付け)

格の高いレース、優勝賞金の高いレースをするレース場を調査。

入場者数、売上高とは異なる、レース場格付けの1例である。

JRA

全10場。

東京:G1「ジャパンカップ」(4億円)の他、最重要レースの「東京優駿」を実施。

中山:G1「 有馬記念」(4億円)を実施

京都・阪神:G1「天皇賞・春」「宝塚記念」「大阪杯」(2億円)を実施

中京:G1「高松宮記念」(1.7億円)を実施

札幌:G2で最高賞金の札幌記念を実施。

函館・福島・新潟・小倉:G3レースを実施。

NAR

全場。

大井:最高額賞金のJpn1「東京大賞典」(1億円)を実施。

川崎・船橋:それぞれJpn1「川崎記念」「かしわ記念」(8000万円)を実施。

盛岡:Jpn1「南部杯」(6000万円)を実施。

浦和・名古屋・園田:Jpn2レースを実施。

門別・金沢・佐賀・高知:Jpn3レースを実施。

笠松・水沢:重賞なし

姫路:休止中

ボート

全24場。

住之江:最高額賞金のSG「グランプリ」を主に実施

戸田(1回)・平和島(4回)・福岡(1回)・大村(1回):グランプリを実施したことがある

SGレース開催経験のあるコース(持ち回り制なので、残りすべて)

蒲郡・浜名湖・常滑・下関・丸亀・児島・尼崎・多摩川・桐生・若松・宮島・唐津・芦屋・鳴門・徳山・三国・津・びわこ・江戸川

自転車

立川・平塚・京王閣:「グランプリ」を持ち回りで実施。実施回数では、立川>平塚>京王閣

小倉:G1競輪祭を毎年開催

他のG1は持ち回り開催

親王牌→前橋・青森・弥彦

全日本選抜→前橋・熊本・向日町・青森・久留米・岸和田・大垣・宇都宮・平・高知・西武園・松山・高松・静岡・取手・四日市・別府・豊橋・川崎

日本選手権→川崎・名古屋・岸和田・平・立川・前橋・大垣・平塚・静岡・松戸・熊本・京王閣

高松宮記念→前橋・函館・岸和田・宇都宮・名古屋・和歌山

オールスター→川崎・名古屋・岸和田・大垣・高松・静岡・前橋・平・立川・宇都宮・熊本・岐阜・平塚・高知・西武園・松山・松戸

5種開催:前橋

4種開催:岸和田

3種開催:平 川崎 名古屋 大垣 静岡 熊本

2種開催:青森 宇都宮 松戸 高松 松山 高知

1種開催:弥彦 函館 和歌山 四日市 別府 豊橋 向日町 久留米

G1未開催

大宮 小田原 伊東 岐阜 松阪 富山 奈良

玉野 広島 防府 小松島 武雄 佐世保

G1開催したが,廃止された競輪場

千葉(PIST6に改組):オールスター・日本選手権 大阪中央:オールスター・日本選手権

甲子園:オールスター 花月園:オールスター・全日本・日本選手権

大津びわこ:高松宮記念(固定開催だった) 西宮:オールスター

大阪住之江:日本選手権 後楽園:日本選手権 一宮:オールスター・日本選手権

オートレース

全5レース場。最高グレードはSG。

川口:最高額優勝賞金の「スーパースター」を毎年実施

伊勢崎・浜松・飯塚:持ち回りでSGレースを実施。

山陽:最近SGレースを実施していない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。