「フランス人10着」の具体的な内容

以前、「フランス人は10着しか服を持たない」という本が人気になりました。

正直、ターゲットは女性向けみたいだし、買うほどのものではないなーと思ってきたのですが、

「その10着って一体何?」という疑問からくるモヤモヤが止まらなくなったので、調べてみました。

正直、思ったより普通というか、肩透かしを食らった感じです。

参考:あなたを魅力的に見せる服10着のワードローブを選ぶルール【ミニマリスト必読】 – B-pop

10着に含まないもの(アウター、インナー類)

  • 上着類
    コート、ジャケット、ブレザー
  • ドレス類
  • アクセサリー
    スカーフ、手袋、ストールなど
  • アンダーシャツ
    Tシャツ、タンクトップ、キャミソールなど

著者の春・夏用の10着(例)

  • トップス
    • シルクのトップス
    • 透け感のあるブラウス
    • ボーダーシャツ
    • クルーネックセーター
    • カーディガン
  • ボトム
    • センタープレスパンツ
    • Aラインスカート
    • ペンシルスカート
    • デニム(白、濃紺)

著者の秋・冬用の10着(例)

  • トップス
    • カシミアセーター3枚
    • シルクブラウス3枚
    • ボタンダウンシャツ
  • ボトム
    • ウールのテーラードパンツ
    • ウールのスカート
    • 黒のジーンズ

服選びの条件

1.定番のスタイルを考え、ファッションのテーマを一言で表す

2.要らない服を捨てる 要らない服とは

  • 気に入っていない(高かった、もったいない)
  • 着ていない(2年以上着てないなど)
  • サイズが合っていない(今の体型を直視する)
  • 今の自分らしくない

※処分するのに悩むなら、目につかないケースにしまう

3.良いものを選ぶ コート・靴・サングラス・かばん・ジーンズ・正装・時計・アクセサリなど

※目立つところは良いものを。目立たないところは手頃な価格の服で。

4.季節ごとにアイテムを入れ替える

※各季節10着

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。