庭の整備 雑学

水はけ

庭の水はけが悪いときは,勾配を付けることが大事だ。

排水の基本対策

1勾配をつける

2雨水マスに穴+網(土が入らないように防ぐ)

3砂利を敷く(砂利の下に流す)

4会所を設ける

5U字溝

6排水パイプを埋める

7コンクリを

8樋の位置を変える

草取り

草を取るには,ポーという道具を使うと便利だ。

ドクダミは,じめじめした所に生える。根っこがとても深いから,掘り起こしてしまわないといけない。

穴を掘るには,平鍬を使うと便利だ。

平鍬で,2つの雨水マスを繋ぐように窪みを作る。窪みは勾配をつけ,中央部が高くなるようにする。

雨水マスの近くは,一度砂利を取り,土を掘り下げる。砂利を取るにはレーキが便利だ。

その上に砂利を敷く。取った砂利はふるいにかけて,土を除く。除いた土は一箇所に集めておく。

砂利の場所・土の場所・芝の場所と,用途に分けて領域を切り分けることで,実用性と美観を備えた庭を作ることができる。

8月,庭の水はけ改善実施例

・2つの雨水マスを繋ぐエリアの石・草を取る

・ドクダミは土を深く掘って

・掘った石はふるいにかけて土と分ける

・取った草は土と一緒に中央の土捨て場に盛る

・雨水マスを繋ぐエリアに窪みを掘る

・窪みは2つの雨水マスに近づくにつれ深くなるように掘る

・雨水マス近くの窪みには角砂利を敷き,上を通行できるようにする

・中央部は窪みに沿って土石を盛り上げ土手を作り,通行できるようにする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする