プライバシーエラー?

以前,アドレスをhttps://sasayomi.net/にしていた頃,

ある環境からは,このブログを閲覧することができなくなっていた。

以下の文章が表示され,「プライバシーエラー」になるのだ。

————————————

接続がプライベートではありません

攻撃者が、sasayomi.net から個人情報 (パスワード、メッセージ、クレジットカードなど) を盗み取ろうとしている可能性があります。NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID

————————————

解決方法をぐぐり,証明書を再発行したり,設定を変えたりしてもだめ。

接続エラーを解決する – Google Chrome ヘルプ

HTTPS – 自己証明書によるCertificate Errorの解消方法|teratail

かと思えば,更新ボタンを

しかし,更新ボタンを押すと,無事に表示されることがあった。

また,アドレスバーから直接アドレスを入力すると弾かれるのに,グーグルの検索結果から開くと弾かれないことがあった。

いずれにしても,使用しているうちに突然また「プライバシーエラー」に戻ってしまう。これでは使えない。

サーバ証明書に関する事象だとは思うが,全くよくわからない。

試しに,アドレスのhttpsをhttpに変えたところ,ノートンのマークが表示され,下の文書が表示された。

————————————

アクセスは拒否されました

システム ポリシーによって、要求されたアクションは拒否されました。

システム ポリシーにより、要求された URL へのアクセスは拒否されました。

技術サポート情報: policy_denied 

ご不明な点がございましたら、ネットワーク サポート チームにお問い合わせください。

——————————–

ノートンのセキュリティが共通サーバにかかっていると考えた。

そして,以下のセーフウェブに登録してみた。

この Web サイトは安全? | Web サイトのセキュリティ | ノートン セーフウェブ

しかし,この予想は見事に外れた。

ノートンセーフウェブでOKとなっているのに,弾かれているウェブサイトを発見してしまったのだ。

結局,独自ドメインではなくhttps://xs768002.xsrv.jp/に設定しておけば,上記のエラーは起きないことがわかった。

また,sasayomi.com や sasayomi.xyzドメインでも,今のところは問題なく表示できている。

sasayomi.netだけなぜ……?

謎は深まるが,ひとまず閲覧できない状況は回避できたので,これで良しとする。

2020/12/10追記

その後,https://xs768002.xsrv.jp/でもエラーは発生するようになった。

これは何らかのセキュリティに引っかかっていものと思い,xserverのセキュリティ設定をすべてONにしたうえで,セキュリティプラグインを導入したら,問題は起こらなくなった。

最終的に,ドメインを整理し,現在はhttps://sasayomi.com/で運用を継続している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする