2045年日本の人口推計

人口と人口減少率マトリクス

人口の中央値は塩尻市の67135(2015年)人。人口の基準とする。

2015年に対する2045年人口減少率の日本全国の平均値は、-16.5945…%(12709万人⇒10600万人)。この値を、減少率の基準とする。

参考:2045年市町村将来推計人口ランキング

※人口は2015年中央値を上回る街に住んだ方が,就労・買い物・高校進学等で利便性が高いと思われる。⇒現時点では[A][B]が良い

※人口減少率が高い街は,街の財政が悪化し,廃墟が増え治安が悪化するなど,避けた方が良い。⇒住み続けるには[A][C]が良い

本記事の結論は,できるだけ[A]の街に住むと良いのではないか,ということ。

こちらも福島県については県単位の集計のみ。

※別ソースの福島 (JMAP地域医療情報システム)

すべて同じ比率(-31%)で計算されている

福島市 2010年 294247 2045 202141 -31%

いわき市 350237 240605

郡山市 335444 230443

会津若松市 124062 85228

須賀川市 77441 53200

▲は,「消滅可能性都市」

[A]2015年人口67135人以上 2045年減少率16.6%未満

札幌 帯広 千歳 恵庭

北上 仙台 名取 山形

つくば 水戸 牛久 鹿嶋 高崎 太田 伊勢崎 宇都宮 小山

さいたま 蕨 志木 和光 吉川 東松山 八潮 富士見 ふじみ野 三郷▲ 朝霞 戸田 新座 上尾 草加 所沢 越谷 川越 川口

22区(千代田区以外) 八王子 町田 府中 調布 西東京 三鷹 日野 小平 立川 東村山 武蔵野 小金井 国分寺 東久留米 昭島 稲城 東大和 狛江 国立 清瀬 あきる野 武蔵村山

千葉 船橋 市川 松戸 柏 流山 八千代 浦安 習志野 佐倉 木更津 成田 我孫子 鎌ヶ谷 印西 四街道

横浜 川崎 相模原 藤沢 茅ヶ崎 大和 厚木 鎌倉 海老名 伊勢原 綾瀬

甲斐 長野 松本 佐久 塩尻

福井 鯖江 金沢 富山 新潟

浜松 磐田 藤枝 袋井 

名古屋 豊明 碧南 清須 長久手 知立 知多 あま 北名古屋 日進 大府 東海 稲沢 小牧 刈谷 豊川 西尾 安城 春日井 豊橋 一宮 岡崎 豊田

大垣 可児 羽島 四日市 桑名

京田辺 木津川 京都 長岡京 福知山 大津 草津 彦根 東近江 守山 近江八幡

香芝 大阪 堺 豊中 吹田 茨木 和泉 箕面 池田 泉佐野

神戸 姫路 西宮 明石 加古川 伊丹 川西 芦屋 

米子 松江 出雲 岡山 倉敷 広島 福山 東広島 廿日市▲

高松 丸亀 松山 山口 防府

福岡 久留米 春日 大野城 筑紫の 宗像 糸島 大宰府 行橋

佐賀 鳥栖 大村 熊本 大分 中津 宮崎 鹿児島 姶良▲

那覇 沖縄 うるま 浦添 宜野湾

[B]2015年人口67135人以上 2045年減少率16.6%以上

旭川 函館 苫小牧 釧路 江別 北見 小樽 室蘭 岩見沢

青森 八戸 弘前 盛岡 奥州 一関 花巻 大崎 登米 石巻 栗原 秋田 横手 大仙 由利本荘 大館 鶴岡 酒田 米沢 

ひたちなか 日立 古河 土浦 神栖 取手 筑西 龍ケ崎 笠間 石岡

前橋 桐生 静川 館林 日光 鹿沼 真岡 大田原 佐野 那須塩原 足利 栃木

春日部 熊谷 深谷 久喜 北本 行田 飯能 鶴ヶ島 桶川 本庄 加須 坂戸 狭山 入間 鴻巣

香取 八街 君津 茂原 野田 市原

横須賀 小田原 秦野 座間 平塚 多摩 青梅

甲府 笛吹 南アルプス 伊那 飯田 安曇野 上田

坂井 越前 白山 小松 加賀 射水 高岡 長岡 上越 新発田 三条 燕 柏崎

静岡 富士 沼津 富士宮 焼津 掛川 三島 島田 御殿場 伊東

犬山 蒲郡 江南 半田 瀬戸

岐阜 各務原 多治見 関 高山 中津川

津 松阪 鈴鹿 伊勢 伊賀 名張

城陽 宇治 亀岡 舞鶴 八幡 長浜 甲賀 

柏原 交野 泉大津 河内長野 摂津 貝塚 富田林 門真 羽曳野 松原 大東 守口 岸和田 寝屋川 八尾 高槻 枚方 東大阪

尼崎 宝塚 三田 高砂 豊岡 たつの 三木

奈良 橿原 生駒 大和郡山 天理 和歌山 田辺

鳥取 津山 呉 尾道 三原 下関 宇部 周南 岩国

徳島 阿南 今治 新居浜 西条 四国中央 宇和島 高知

柳川 大牟田 飯塚 北九州 唐津 長崎 佐世保 諫早

天草 八代 別府 佐伯 都城 延岡 霧島 鹿屋 薩摩川内

[C]2015年人口67135人未満 2045年減少率16.6%未満

※作成未定 千代田区 他

[D]2015年人口67135人未満 2045年減少率16.6%以上

※作成未定

2015年大都市雇用圏と比較

順位都市圏名大都市雇用圏人口中心都市人口DID人口中心都市郊外都市A
1東京35,303,77817,255,3979,272,740A多数
2大阪12,078,8204,156,8552,690,732A多数
3名古屋市6,871,6323,007,8572,250,106A多数
4京都市・草津市2,801,0441,612,4301,407,087A多数
5福岡市2,565,5011,538,6811,486,479A多数
6神戸市2,419,9731,537,2721,443,793A多数
7札幌市・小樽市2,362,9142,074,2801,899,081A
8仙台市1,612,4991,082,1591,001,882A名取
9岡山市1,526,503719,474492,936A倉敷
10広島市1,431,6341,194,0341,027,439A廿日市
11北九州市1,314,276961,286864,534B行橋
12前橋市・高崎市1,263,034707,038196,540B・A
13浜松市1,129,296797,980475,253A袋井
磐田
14熊本市1,111,596740,822587,816A
15宇都宮市1,103,745518,594385,594A
16富山市1,066,328418,686235,868A
17新潟市1,060,013810,157590,688A
18静岡市988,056704,989621,501B藤枝
19つくば市・土浦市843,402367,76774,124A・B
20那覇市・浦添市830,532433,667318,151A宜野湾
21岐阜市823,219406,735286,484B羽島
22高松市819,327420,748212,897A丸亀
23長崎市785,108429,508314,082B大村
24姫路市773,389535,664390,211A
25福山市753,528464,811265,448A
26金沢市747,780465,699387,341A
27大分市737,936478,146342,769A
28鹿児島市724,236599,814482,548A姶良
29水戸市687,734270,783172,333A
30豊橋市670,144374,765265,822A豊川
31徳島市659,744258,554186,426B
32福井市646,813265,904177,268A鯖江
33松山市637,608514,865429,624A
34四日市市623,210311,031217,294A
35太田市・大泉町613,825261,00983,094A
36長野市589,549377,598255,665A
37甲府市586,986193,125154,036B甲斐
38和歌山市569,758364,154275,582B
39郡山市544,662335,444240,314B?
40山形市534,571253,832180,878A
41高知市519,390337,190271,698B
42宮崎市502,401401,138278,193A
43津市499,709279,886133,801B
44沼津市497,258195,633164,605B
45豊田市484,352422,542244,914A
46盛岡市470,414297,631237,280B
47福島市451,044294,247192,047B?
48松本市447,802243,293146,481A
49久留米市431,897304,552188,031A
50佐賀市398,217236,372139,012B
51秋田市397,801315,814250,569B
52旭川市388,701339,605313,661B
53富士市387,236248,399198,008B
54長岡市356,767275,133132,473B
55いわき市350,237350,237173,057B?
56日立市349,111185,054154,590B
57函館市340,489265,979229,488B
58成田市328,796131,19080,812A
59沖縄市327,550139,279122,197Aうるま
60八戸市324,451231,257156,053B
61大垣市313,740159,87993,199A
62山口市313,364197,42299,468A防府
63青森市310,640287,648224,677B
64佐世保市298,023255,439152,157B
65弘前市291,789177,411119,063B
66松江市284,790206,230105,360A
67下関市268,517268,517176,520B
68周南市267,340144,84288,865B
69帯広市263,344169,327151,189A
70呉市252,891228,552156,083B
71都城市236,290165,02963,366B
72大牟田市234,581117,36096,981B
73鳥取市232,610193,717100,756B
74宇部市232,100169,42989,846B
75米子市231,746149,31377,543A
76上越市230,186196,98782,507B
77新居浜市228,077119,90386,704B
78会津若松市223,807124,06287,065B?
79東広島市219,333192,90751,311A
80小山市218354166,76098,014A
81三条市・燕市215,037178,97650,608B
82古河市212,776140,94650,088B
83釧路市205,177174,742156,092B
84石巻市193,051147,21479,059B
85苫小牧市190,477172,737142,348B
86室蘭市189,69688,56469,665B
87伊勢市183,793127,81758,359B
88千歳市173,49895,64880,072A
89岩国市・大竹市170,907164,62266,466B
90栃木市159,211159,21156,831B
91今治市158,114158,11458,795B
92八代市157,127127,47255,162B
93酒田市142,117106,24458,133B
94鶴岡市137,380129,65258,040B
95彦根市135,495113,67964,905A
96北見市126,32612122680,955B
97延岡市125,159125,15982,178B
98島田市105,30498,11251,478B
99舞鶴市94,58683,99058,260B
100蒲郡市81,10081,10056,140B

A都市圏一覧

順位都市圏名大都市雇用圏人口中心都市人口DID人口中心都市郊外都市A
1東京35,303,77817,255,3979,272,740A多数
2大阪12,078,8204,156,8552,690,732A多数
3名古屋市6,871,6323,007,8572,250,106A多数
4京都市・草津市2,801,0441,612,4301,407,087A多数
5福岡市2,565,5011,538,6811,486,479A多数
6神戸市2,419,9731,537,2721,443,793A多数
7札幌市・小樽市2,362,9142,074,2801,899,081A
8仙台市1,612,4991,082,1591,001,882A名取
9岡山市1,526,503719,474492,936A倉敷
10広島市1,431,6341,194,0341,027,439A廿日市
12前橋市・高崎市1,263,034707,038196,540B・A
13浜松市1,129,296797,980475,253A袋井
磐田
14熊本市1,111,596740,822587,816A
15宇都宮市1,103,745518,594385,594A
16富山市1,066,328418,686235,868A
17新潟市1,060,013810,157590,688A
19つくば市・土浦市843,402367,76774,124A・B
20那覇市・浦添市830,532433,667318,151A宜野湾
22高松市819,327420,748212,897A丸亀
24姫路市773,389535,664390,211A
25福山市753,528464,811265,448A
26金沢市747,780465,699387,341A
27大分市737,936478,146342,769A
28鹿児島市724,236599,814482,548A姶良
29水戸市687,734270,783172,333A
30豊橋市670,144374,765265,822A豊川
32福井市646,813265,904177,268A鯖江
33松山市637,608514,865429,624A
34四日市市623,210311,031217,294A
35太田市・大泉町613,825261,00983,094A
36長野市589,549377,598255,665A
40山形市534,571253,832180,878A
42宮崎市502,401401,138278,193A
45豊田市484,352422,542244,914A
48松本市447,802243,293146,481A
49久留米市431,897304,552188,031A
58成田市328,796131,19080,812A
59沖縄市327,550139,279122,197Aうるま
61大垣市313,740159,87993,199A
62山口市313,364197,42299,468A防府
66松江市284,790206,230105,360A
69帯広市263,344169,327151,189A
75米子市231,746149,31377,543A
79東広島市219,333192,90751,311A
80小山市218354166,76098,014A
88千歳市173,49895,64880,072A
95彦根市135,495113,67964,905A

A都市圏エリア別

北海道:札幌・千歳・帯広

東北道:小山・宇都宮・仙台・山形

常総:成田・つくば・水戸

東海道:東京・浜松・豊橋・豊田・名古屋・四日市・大垣・彦根・京都・大阪

上信越:太田・高崎・新潟・長野・松本

北陸道:富山・金沢・福井

山陽道:神戸・姫路・岡山・福山・東広島・広島・山口

山陰四国:米子・松江・高松・松山

九州:福岡・久留米・大分・熊本・宮崎・鹿児島

沖縄:那覇・沖縄

都道府県レベルでは

赤:~-6.6% 橙:-6.6%~-11.6% 黄:-11.6%~-16.6% 緑:-16.6%~-21.6% 青:-21.6%~-26.6% 紫:-26.6%~

2015年に対する2045年人口比率 都道府県別 

参考:<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B82CC926E88E695CA8FAB978890848C76906C8CFB8169955C8E86816A2E646F6378>

東京100.7
沖縄99.6 愛知92.2 神奈川91.1
埼玉89.8 千葉87.8 (全国平均83.7%)石川82.1 滋賀89.4 京都81.9
大阪83 兵庫81.9 岡山84.3 広島85.4 福岡89.3 熊本80.8
北海道74.4 宮城77.5 栃木79.0 群馬78.7 茨城76.6 栃木79 群馬78.7
新潟73.7 富山76.7 福井78.1 山梨71.7 長野76.9 岐阜76.6 静岡79.5
三重78.8 奈良73.2 和歌山71.4 鳥取78.2 島根76.2 山口73.7 徳島70.8
香川79.5 愛媛73.1 佐賀79.7 長崎71.3 大分76.9 宮崎74.7 鹿児島73.1
青森63 岩手69.1 山形68.4 福島68.7 高知68.4
秋田58.8

都道府県レベルでは(2)

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093FA967B82CC926E88E695CA8FAB978890848C76906C8CFB8169955C8E86816A2E646F6378>

2015年比 全国 -16.3%
都道府県別
+ 東京
~-5% 沖縄
~ー10% 神奈川 愛知
~ー15% 埼玉 千葉 滋賀 広島 福岡
~-20% 岡山 /全国平均未満→石川 京都 大阪 兵庫 熊本
~ー25% 宮城 茨城 栃木 群馬 富山 福井 長野 静岡 岐阜 三重
     鳥取 島根 香川 愛媛 佐賀 大分
~ー30% 北海道 新潟 山梨 奈良 和歌山 山口 徳島 長崎
     宮崎 鹿児島
~-35% 岩手 山形 福島 高知
~-40% 青森
~ー45% 秋田

2040年の都道府県人口は,過去のどの年代の規模に近いか

人口の減り方は一様では無い 全国平均は1970年代(黄緑)まで戻るが,減りやすい県と減りにくい県では80年以上の差が出る

一つの県の中でも,県庁所在地・大都市への集中が進む

赤:2000年代 橙:1990年代 黄緑:1970年代 緑:1960年代

薄い水色:1950年代 濃い水色:1940年代

青:1930年代 紫:1920年代 灰色:1920年以前

関西以東で寒冷・積雪に悩まされにくい11都府県では以下の通り

2000年代レベル:東京 1990年代レベル:愛知 神奈川 千葉

1970年代レベル:京都 奈良 大阪 兵庫 静岡

1960年代レベル:三重 1920年以前レベル:和歌山

人口が減るのであれば,同レベルの時代に各県に存在した市の数まで巻き戻せばよいのではないか。

2000年代レベル⇒2000年1月1日に存在した市

1920年以前レベルの県については,1910年1月1日とする。

以下,各県の都市。●は2020年現在統合された市。▲は2045年で人口が5万人を割り込むと想定される街です。

札幌 函館 室蘭 小樽
苫小牧 夕張▲ 岩見沢 留萌
旭川 稚内 北見 網走 釧路
埼玉岐阜 羽島 大垣 関 美濃 美濃加茂 多治見 土岐 瑞浪 恵那 中津川 高山鳥取佐賀
青森 弘前 八戸千葉静岡 浜松 浜北 天竜 磐田 袋井 掛川 島田 藤枝 焼津 清水● 御殿場 沼津 富士 富士宮 三島 熱海 伊東松江長崎 佐世保
盛岡23区 保谷● 田無 清瀬 東久留米 東村山 東大和 武蔵村山 八王子 町田 青梅 立川 国立 国分寺 あきる野 羽村 福生 昭島 日野 多摩 稲城 府中 小金井 小平 調布 狛江 三鷹名古屋岡山 倉敷 津山熊本
仙台 気仙沼 石巻 塩竃 古川 名取 角田 白石横浜津 桑名 四日市 鈴鹿 亀山 上野 名張 松阪 伊勢 鳥羽▲ 尾鷲▲ 熊野▲広島 呉 福山 府中 庄原 三次 尾道 因島 三原 竹原 大竹大分 別府 中津
秋田新潟 長岡 高田大津 草津 守山 近江八幡 八日市 彦根 長浜下関宮崎 都城 延岡
山形 米沢富山 高岡京都 宇治 亀岡 綾部 福知山 宮津 舞鶴徳島鹿児島
福島 郡山 若松金沢 小松 加賀 輪島 羽咋 七尾 珠洲大阪高松 丸亀那覇 浦添 宜野湾 糸満
沖縄 石川 具志川 名護 平良 石垣
水戸 北茨城 高萩 日立 常陸太田 勝田 那珂湊 笠間 石岡 竜ケ崎 水海道 下館 下妻 結城 古河福井 敦賀神戸 三木 三田 宝塚 尼崎 西宮 芦屋 伊丹 加西 西脇 高砂 加古川 明石 姫路 赤穂 相生 龍野 豊岡 洲本松山
宇都宮 栃木 小山 佐野 足利 真岡 鹿沼 日光● 今市 矢板 大田原甲府奈良 大和郡山 大和高田 天理 橿原 桜井 御所 五條高知
前橋 高崎 藤岡 安中 館林 太田 伊勢崎 富岡 桐生 渋川 沼田長野 松本 上田 岡谷 飯田和歌山北九州 福岡 行橋 豊前 田川 直方 中間 山田 飯塚 甘木 久留米 八女 筑後 大川 柳川 大牟田

明治時代は今より人口少なかったが、今と同じ都道府県だった

人口減るから道州制を望むというのは意味不明

地域の不均衡が問題の本質である
地方の制度と都市部の制度を分ける方が良いのではないか
1920年は、県庁所在地しか市が無かったところが多かった時代である

人口減少率,県内でどうしてそこまで差が付いた・・・な話(2015年時点で人口10万人以上の市)

2045年人口/2015年人口(福島県は都市推計が無いため県全体推計のみ)

100以上90以上80以上70以上60以上60未満備考
札幌-7.5帯広-11.6
苫小牧-18.7
旭川-26.9
江別-29.5
釧路-34.7
北見-32.1
函館-38.8
小樽-50.4
八戸-29.9青森-36.2
弘前-31.8
盛岡-18.1一関-35.8
奥州-34.1
仙台-14.7大崎-20.7石巻-41.1
秋田-28.5
山形-16.4鶴岡-37.6
酒田-36.2
※福島県福島県全体で-31.3
つくば7水戸-11.7土浦
ひたちなか
古河-22.2
取手-32.1
筑西-31.8
日立
宇都宮
小山
栃木
那須塩原
佐野
足利
太田
伊勢崎
高崎
前橋
桐生-41.2
ふじみ野
三郷
朝霞
戸田
川口
さいたま
富士見-7.3
新座
越谷
川越
坂戸-19
深谷
上尾
草加
所沢
加須-29
鴻巣
狭山
入間
久喜
春日部
熊谷
木更津
浦安
流山
鎌ケ谷
成田
習志野
八千代

市川
船橋
千葉
我孫子
-16.3
佐倉
松戸
野田
小金井
三鷹
中央
荒川
台東
調布
渋谷
文京
墨田
豊島
目黒

新宿
品川
江東
杉並
板橋
大田
練馬
世田谷
江戸川
葛飾

中野
府中
西東京
日野
小平
立川
東村山
武蔵野
国分寺
多摩
東久留米
昭島
足立
八王子
町田
青梅23区の内,千代田区は10万人超えていない
川崎横浜
藤沢
茅ヶ崎
大和
海老名
相模原
平塚
厚木
鎌倉
座間
伊勢原
横須賀
小田原
秦野
新潟-15長岡-24.2
上越-27.4
富山-14.8高岡-23.6
金沢-7.7白山-18.1
小松-17.9
福井-11.9
甲府-24.1
長野
松本
上田
飯田-25.8
大垣-14.8
各務原-17.3
岐阜-20.4
多治見-25
藤枝浜松
静岡
磐田
掛川
富士
富士宮
焼津
三島
沼津
安城
刈谷
東海
名古屋
豊田
岡崎
西尾
小牧
一宮
豊橋
春日井
豊川
稲沢
半田
瀬戸
四日市-8.9津-18.8
桑名-10.9
鈴鹿-20.4
松阪-22.3
伊勢-21.3
草津6.2彦根-5.8
大津-8.1
東近江-15.1長浜-22.2
京都-12.1宇治-29.9
豊中
吹田
箕面
茨木
大阪

泉佐野
池田
和泉
八尾
高槻
岸和田
寝屋川
枚方
河内長野
富田林
羽曳野
松原
大東
守口
門真
西宮神戸
川西
姫路
尼崎
明石
加古川
宝塚
伊丹
三田
香芝-4.9生駒-17.9奈良-22.2
橿原-20.4
和歌山-18.6
米子-6.9鳥取-18.7
出雲-8松江-14.9
岡山-4.9
倉敷-9.4
津山-21.2
広島-6
福山-7.6
東広島-5.5
廿日市-8.3
呉-34.4
尾道-31.1
山口-9.6防府-12.7周南-25.8
宇部-21.8
岩国-34.5
下関-32.3
徳島-20.7
高松-10.1
丸亀-12.8
新居浜-17.9
松山-14.7
西条-27.6今治-36.4
高知-19.6
福岡7.5
※大野城6.8
久留米-8.3
春日-2.9
筑紫野-7.5
北九州-19.8飯塚-20.2大牟田-36大野城市は,10万人未満から10万人を超える
佐賀-11.3唐津-26.8
長崎-27.6
佐世保-20.9
諫早-22.8
熊本-6.8八代-27.8
大分-9.2別府-22.7
宮崎-11.8都城-24延岡-34.1
鹿児島-15.9
霧島-18.9
鹿屋-20.9
※宜野湾14
浦添2.8
沖縄6.8
那覇-6
うるま-0.8
宜野湾市は,10万人未満から10万人を超える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする