INTP型の仕事について

MBTIは、適職診断に向いていないという意見もあるものの、参考にしてみる。

概要

私は、いくつか診断を実行して、結果として一番良く出てくるのは、INTP型

I:内向

N:直感

T:論理

P:柔軟

研究者に多いタイプで、実際今もメーカーの研究員をしている。

転職を考えるにあたり、他の仕事の可能性を調べた。

強み:深く考える 複雑な問題解決 独創的発想

弱み:行動力が少なめ 単調な作業ができない

合わない仕事:肉体労働・社交性・人当たり・行動量が重視される仕事

交渉・会議・管理業務よりは、自分の仕事に没頭できたほうが成果を上げやすい

不特定多数の人に接するのは疲れる

  • 企業のセールス
  • 企業の広報担当者
  • 看護師
  • 介護士
  • 社会福祉士
  • ベビーシッター
  • 多くの営業担当
  • マーケッター(流行に関心が低く、顧客理解が難しいため)
  • 患者の相手をする医療職

自分だけの空間がほしい

適職

合いそうな仕事のキーワード

「論理学者」「アナリスト」「発明家」「天才肌」

発明家・起業家・投資家として生活する人もいるだろう

研究

  • 科学者
  • 物理学者
  • 数学者
  • 哲学者
  • 大学教授(一方的に教えるより、議論をする)
  • 企業研究員
  • 精神科医

IT・数理ビジネス:組織的に動かねばならない状況は注意

  • グロースハッカー
  • WEBアプリ開発者
  • AI、IOT技術者
  • インフラ設計エンジニア
  • サーバーサイドエンジニア
  • モバイルアプリ開発者
  • フリーランスプログラマー
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • ベンチャーキャピタリスト
  • データサイエンティスト
  • 投資銀行
  • アクチュアリー
  • 投資家

資格業・公務:但し、お役所仕事や顧客対応は向かない

  • 弁護士
  • 裁判官
  • 税理士
  • 弁理士
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 学芸員
  • 研究者
  • 医師
  • 建築士

クリエイティビティを活かす

  • 芸術家
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • グラフィックデザイナー

他の可能性

  • 医療系研究者
  • 音楽家
  • 翻訳者
  • 高校教師
  • 予備校講師
  • 企画管理部門
  • 商品開発
  • 会計監査
  • 経営者
  • 鑑識官
  • 情報セキュリティアナリスト
  • ビジネスアナリスト
  • テクニカルライター
  • 起業家
  • 経営コンサルタント
  • プロデューサ、ディレクター

ストレス

  • レベルが低い
  • 規則が多い(大企業に多い)
  • のんびりしている
  • 簡単すぎる
  • 周りがうるさい
  • 一人で考える時間がない
  • 成果が評価されない

結論

「研究職」は比較的あっている

何が問題か

・自分の専門に関心を失っている

・仕事が退屈

・周囲がのんびりしている

・機械を触ったり工作したりするのが辛い 不器用

・オフィスの一部の声が気になる

・組織のルールが複雑でわけわからない

・成果が評価されない

※工場で手作業は成果上げにくいのでやめる

※刺激的な新しい分野に挑戦したい

※組織が新し目、年功序列要素が小さい方が良い

※一人で考える時間がたっぷりあってほしい

転職の方向性

・別の職場で研究職 ※博士を目指せるとなお良い

・クリエイティブ系 ※ 作家事務所や編集事務所、WEB系のライターやクリエイター

・ITでプログラミング ※勉強してポートフォリオ書いて滑り込もう

・金融系企業で経済分析 ※コンサル系に転職しよう

・弁理士とか士業狙う ※資格取ろう

・もっかい公務員挑戦 ※ INTP的にはありだが、 前例踏襲主義なのが欠点

・経理 ※INTP的にはありだが、自分は数字にきっちりしていない気がする

・警察で鑑識 ※警察官なので体力は必要、交代勤務があり得る

×諦めたほうが良い

・営業

・マーケッター

・臨床の医師

勤務以外の方向性

・ライター(ブロガー・メディア運営・作家 ※但し流行性の強いものではなく本質的な価値を提供する)

・投資家

・経営者(責任を取り、実務は別の人にやってもらう)

・芸術家(音楽)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする