販売者2

  • アセトアミノフェンに抗炎症作用はない
  • 儀アルドステロン症はナトリウムが溜まる
  • 管理者は必ず薬剤師 (設置者は別)
  • 製造販売業者→いわゆるメーカ企業のイメージ
  • 製造業者→工場のイメージ→こちらの言葉は試験では使われない
  • 濫用リスクのあるもの エフェドリン系・コデイン系・ブロモバレリル尿素

鉄→血球形成
コバルト→ビタミンB12→造血
マンガン→酵素

消毒薬→医薬品・医薬部外品
次亜塩素酸ナトリウム→強力な殺菌・人体に触れてはいけない

「不在時間」→恒常的なものではない・

特保→「薬効ではないが病気を防ぎやすくなるなどの効果」
栄養機能→「栄養がある」
機能性→「病気でない人がより元気に」

チュアブル錠は噛める
※この前後の問題について

ネット販売=特定販売→店舗保管されているもののみ販売可

イレウスとは→腸の運動が悪く,内容物が移動しないこと

シクロピロクスオラミン→抗真菌薬・皮膚炎

有効成分は「一般的名称」で表記される

アレルギー症状は「肥満細胞」から「ヒスタミン」「プロスタグランジン」が遊離

メトプレン、ピリプロキシフェン →幼虫が蛹になることを防ぐ効果

リゾチーム→鶏卵アレルギーに関連
セチルピリジニウム→殺菌
ヨウ素→バセドウ病・甲状腺と関連

コレステロールは 低密度が悪く140m・高密度が良い40 中性脂肪は150m
ヘパリンは 血行促進・抗炎症・保湿
硫黄は ケラチン変質・角質軟化・抗菌
カルバゾクロムは止血
一般用検査薬に論争に関する情報は不要

GLP Laboratory
GCP Clinical
GPSP PostMarketing 販売後の「調査・試験」
GVP Vigilance 販売後の「安全管理」

CJD罹患要因は血液製剤ではない
代謝により変化する体外排出する物質は水溶性である

鎮咳 キョウニン ゴミシ ナンテンジツ
去痰 オンジ キキョウ セキサン バクモントウ セネガ シャゼンソウ

B1はエネルギー産生 神経・腸管運動

ヨーチンとアカチンが混ざると沈殿生じる
クロルヘキシジンは真菌殺菌 ウイルス・結核には効かない
ウイルスに効くのはヨウ素系

システインは色素沈着緩和の他,アセトアルデヒド分解を助ける
アスパラギン酸は乳酸に タウリン・グルクロノラクトンは肝臓に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする